空に捧ぐ

夢に導かれて辿り着いた先は、愛する人の優しさだった。
ひどく辛い夢を見るようになって体調を崩していた陸斗(りくと)だったが、芹亜(せりあ)との出逢いをきっかけに、悪夢から解放されてゆく。二人が出逢ったことには、何か意味が有ったようだった……。
キーワード : 20代、会社員、夢、マリア、中編、完結
※ 湖での死の描写があります。恐怖・不快を感じる方はお読みにならないで下さい。

小説一覧に戻る≫   /  入口に戻る≫  /  このページのトップへ ▲