きっと明日も手をつなごう

無理矢理医師を目指す環境に置かれた悠(ゆう)は、両親を恨み、患者を蔑み、自分のことも肯定できず、苦しんでいた。その時出逢った生島亜実(いくしまあみ)と涼太(りょうた)のおかげで、彼は救われ幸せを手に入れるが……。
キーワード : 20代後半、医師、家族、生と死、中編、完結
※ 生と死の物語なので、辛い死の描写があります。苦手な方はお読みにならないで下さい。

小説一覧に戻る≫   /  入口に戻る≫  /  このページのトップへ ▲