帰る虹

高2の夏、友永捷(ともながしょう)は幼馴染の鏑木(つみき)みりかを亡くした。一番近くに居て彼女の気持ちを分かっていると思っていた捷は、一言も悩みを相談してくれなかったことが悔しかった。彼女は悩みを漏らすどころか、ろくな遺書すら残さず投身自殺したのだ。一年経ってもまだ立ち直れない捷は彼女を忘れて前に進むために、みりかが身を投げたビルの屋上へと向かう。そこで思いがけず、彼女にそっくりな少女と出逢った……。
キーワード : 高校生、投身自殺、片想い、甦り、中編、完結

小説一覧に戻る≫   /  入口に戻る≫  /  このページのトップへ ▲